私は現在3つのホームページを管理している。
もうすぐ もう一つ作ることになる。

データーベースのヴァージョンアップにともない、XOOPSもヴァージョンアップさせることにした。

しかし、これが曲者だった。。。

色々と直しをしなければならない事が山ほど!
私はHP制作の専門家ではないので、根本的に分かってないことも多い、
というか、ほとんど独学で手探りでやってきているので、作業効率はすごぶる悪い。
にも拘らず、結構 拘る。。。

やりだしたら、止まらないのも悪い癖だ。
パソコン前にどれだけ居ただろう・・・
睡眠時間が激減する・・・

が、、何とか踏ん切りをつけた。
これ以上してたら、本来の歌や講座に手が回らなくなる。。

本当はfacebookいいね、やコメント欄をつけたかったのだが、
設置までは出来たが、どうも上手くリンクしない。。
思い切って facebookを今するのは諦めた。
なら、早くあきらめろよ~なんだけどね。。。

でも、『健康コーラス』はリニューアル。
http://kenkouchorus.sakuraweb.com

新たに『久保啓子 音楽スタジオ』を制作。
http://kubokeiko.jp

こちらも 見た目は変わらないけれど、色々したんですよ~笑

コメントも付けやすくなったと思います。
宜しかったら書いてくださると嬉しいです!
 


       

CHESS in concert

カテゴリ : 
観劇感想
執筆 : 
ケーコ 2012/2/12 22:00

梅田芸術劇場に「CHESS in concert」を観に行きました。
友人に誘われまで知らなかったのだけれど、安蘭けいさん主演というので「いく~~!」となったのです。

とはいえ、ミュージカル「CHESS」知らないなぁ~
それもそのはず、日本初演だそうです。

で、、なに!ABBAの男性陣による作詞・作曲ですって!!
これは聴かないわけにはいかないですよね!

日本版キャストは歌も演技も上手い安蘭けいさんに加えて、石井一孝、浦井健治、中川晃教。
豪華メンバーです!



人物相関図。これで大体お話もわかっていただけるかな??

舞台、すっごく良かったです!
久々の私の中での大ヒットミュージカルです!
曲がすばらしい!そしてアンサンブルも!
難しい楽曲をアンサンブルの6名を含め、さすがの歌上手の主役陣
素敵でした!
ただ一人、ダンサーとして出演されていた大野幸人さんも切れのある、そして情感のあるダンスで素敵でした。

千秋楽ということもあり、カーテンコールが鳴り止ます、安蘭さんから出演者みんな一言!
ということで、皆さん一言といわず、なが~く喋られて、とてもよい雰囲気の終演となりました。
出演者の皆さんもコンサート形式でないミュージカル公演を望んでらっしゃいましたが、私も待ち望みます!

さて動画を検索していると止まりませんでした。笑
その中から少し紹介いたします。(日本版はもちろん動画UPされていません)

『Chess The Musical UK Tour(ハイライト版としてご覧ください)』

 

『Live From Royal Albert Hall Trailer』
(このコンサートの資料を音楽監督の島建さんはもらって日本版にアレンジしたそうです
こちらにプレーヤーを貼ることが許可されていないので表題をクリックしてくださいね)


さてそれでは 素敵な曲を

『IDINA Menzel and Kerry Ellis I Know Him So Well 』
大ヒットした曲だそうです。それも頷ける とても美しいデュエットです。
どなたか一緒に歌いませんか?楽譜何とか手に入れますから!
IDINA Menzelさんは「ウィキッド」でもパワフルな歌声でした


『Kerry Ellis Someone Else's Story 』
またまた美しい曲です。歌も上手いですよねぇ~
Kerry Ellisさんは「レ・ミゼラブル」ファンティーヌが当り役かしら




ABBA-Chess - One Night In Bangkok
本家(作詞作曲)のABBAがコーラスをつとめる動画を発見!
http://youtu.be/TaD1BuigS3g

『I Know Him so Well-Whitney Houston version 』
奇しくも観劇の日に亡くなられたホイットニーもこの曲をレパートリーにしていたようです。
出演者の挨拶でも触れられていました。
残念ですね。。ご冥福をお祈りします。



       

映画 『ピアノマニア』

カテゴリ : 
映画感想
執筆 : 
ケーコ 2012/2/8 22:10

先日お知らせしました『ピアノマニア』観に行ってきました。

 作品解説・紹介 - ピアノマニア

私たちはどのくらいの仕上がりで物事に満足しているのだろう。ある人は達成率70%で自分を褒め称え、ある人は90%でも満足できないかもしれない。しかし本作に登場する名演奏家たちは、元々の目標レベルが高い上、99.9%でも満足できない人たち。たとえばこのドキュメンタリーの軸となるエマールによる《フーガの技法》の録音。1台のピアノでオルガンやクラヴィコードのニュアンスが欲しい(といってもシンセのようにそのものの音を出すわけではない)というリクエストに応じてピアノ選びから始まり、調律へと進むのだが、正直言ってわかる人にしかわからないという些細なレベルの調整だ。しかし完璧を求め、最後の0.1%に労を惜しまない人たちがカメラの前に映し出される。これが真の「マニア(熱中する人)」なのだろう。

 解説 - ピアノマニア

 

ピアノ調律師シュテファン・クニュップファーのドキュメンタリー。

J.S.バッハ『フーガの技法』の録音を控えたピアニスト、ピエール=ロラン・エマールとの仕事を中心に、彼の1年間を追う。ラン・ランやアルフレート・ブレンデルのリハーサル風景も見どころ。

2009年ロカルノ映画祭批評家週間部門グランプリ受賞。

 

 あらすじ - ピアノマニア

 

シュテファン・クニュップファーはピアノの老舗ブランド・スタインウェイ社を代表するドイツ人調律師で、ピアノの音を整える調律だけでなく、舞台上の演奏者や楽器の配置などにも目を配っている。

現代音楽を担うフランスのピアニスト、ピエール=ロラン・エマールは、J.S.バッハ晩年の傑作『フーガの技法』の録音を1年後に控えている。完璧主義者のピアニストと、職人としての意地とプライドを懸けて無理難題を丹念にクリアする調律師の2人が、選ばれし名器“245番”の一音一音の微妙な響きにまで及ぶ丁々発止の攻防や、濃密な関係性を見せていく。

その1年間にわたる一大プロジェクトの狭間で、シュテファンは普段の仕事もこなしていく。注文の多い顧客に一途な彼を追い、カメラはコンツェルトハウスの“裏舞台”を映し出す。時代の申し子ラン・ランや、引退を目前に控えた巨匠アルフレート・ブレンデルまで、シュテファンに信頼を寄せる錚々たるピアニストたちの貴重なリハーサル風景もカメラは収めていく。名医の解剖手術のようなシュテファンの手さばきと、複雑なピアノの内部構造を目の当たりにすれば、完璧な響きを実現することの奥深さを再認識させられるだろう。

 

との解説の通りなのです!

本当に素晴らしかったですよ!

演奏者の拘り、そしてそれに応えようとする調律師の拘り。

かといって、堅苦しくはなく、本音で話をしていて笑える部分を多々あった。

エマールの録音シーンでは なんと録音技師が2人しか居ないのには驚いた。

が、この2人を含めた4人の会話がとても興味深く、面白かった!

登場人物すべてが とてもチャーミングで、追ったカメラからその人間味が伝わってきたのが最高だったかな。

 

で、、もうひとつ私が驚いたのは、主人公のシュテファンが あの「IGUDESMAN & JOO」にアイデアを提供していたことだ。

最後に彼らの前でアイデアを披露し、大笑いに持っていった時のシュテファンのドヤ顔は可笑しかった。

以前 このブログでも「GUDESMAN & JOO」はご紹介したのだが、覚えてらっしゃるかな?

また、近いうちにサイトご紹介しますね。

 


       

『ピアノマニア』知ってますか?

カテゴリ : 
映画感想
執筆 : 
ケーコ 2012/2/2 22:00

オフィシャルサイト
http://www.piano-mania.com/index.html

《作品紹介》
ロカルノ映画祭を皮切りに世界が熱狂した『ピアノマニア』は、スポットライトを浴びるピアニストではなく、彼らを影で支える調律師の存在に光を当てる異色ドキュメンタリーである。

主人公のシュテファン・クニュップファーは、ピアノの老舗ブランド・スタインウェイ社を代表するドイツ人調律師。
彼の務めは、使い慣れた自分の楽器を携帯できないピアニストが、演奏会や録音に万全の状態で臨めるようバックアップすることだ。
1台のピアノで様々な表現を追求するピエール=ロラン・エマールは、試し弾きのたびに「質問がある」と繰り返す。

次々と高いハードルを課す完璧主義者のピアニストと、職人としての意地とプライドを懸けて、無理難題を丹念にクリアする調律師―
究極の響きを求めて、両者一歩も譲らぬ“ピアノマニア”同志の共同作業の模様が、時に緊迫した、時に平穏な空気の中で映し出されていく。

-*-*-*-*-*-*-*-*-

エマールだけでなく著名なピアニストのリハーサル風景もあるみたいです。
調律師さんにスポットを当てるところが
とってもいいですねぇ??
って、、先日 調律してもらった我が家のピアノも見違えたものね!!!
来週観にいきます!

感想はあとで!
       

今朝twitterからRTしたソンドハイムの『Into The Woods』の記事。

そのときに思ったのだが、ソンドハイムで出てくるのがウェストサイドで有名な、なのね・・・

ウェストサイドで彼は作詞を担当。もちろん作曲はバーンスタイン。


ソンドハイムは、いまやブロードウェイでは作詞作曲を双方こなす大巨匠。

一番有名なのは『スウィニィー・トッド(Sweeney Todd)』かな。

物語自体はすごいグログロで、音楽も難しいのだけれど、でもクラッシック方面からの評価も高い。ジョニー・ディップ主演映画で観られた方もいらっしゃると思います。

私は市村正親×大竹しのぶ×宮本亜門も観ましたが、舞台としては後味がいいものではありませんが、市村さんがよく歌われていたので流石だなぁと思いました。大竹さんも歌頑張ってました。

さて『Into The Woods』は有名なおとぎ話をまとめてストーリィを作ったものです。
これをみたら何のお話を組み合わせたかわかるかな・・笑




       

私は、ここ『Enjoy Music Studio』を基として『健康コーラス』のホームページも作っているのだけれど、さらにもうひとつ、『久保啓子音楽スタジオ』なるページを作ることにした。

まだどうなるかは分からないが、今回は今までのXoopsではなく

Wordpressというものを使おうと思っている。

 

さて、インストールしようとしたら、データベースのヴァージョンが古すぎて入らない・・・

そこでVer.UPのためには今までのデータベースを削除しないといけないそうな・・・

データベースのバックアップは時々とっているものの、それを新しいものに移すことは初めて試みる。

 

はたして上手くいくのか!!!

 

いかなければ、今までのサイトが存続できなくなる!!!

 

ドキドキの作業だ。。。

で、、、、データベースのエクスポート。(これをしておけばいいんだよね・・などと不安)

データベース削除!(わぁ〜〜〜〜消しちゃったよ。復元できるか!?)

新たなヴァージョンでデータベースを作る (これはすぐできる)

 

さて、、ここからだ!

インポートする。。。。。

ワォ===!案の定、エラー!!!!

冷や汗、タラタラ〜

検索!検索!

結果的には、ここにブログが書けているって事で上手くいったのですが、

なんと徹夜でしたわ。。。

(始めたのが夜中でしたけど・・・で、しっかり今日はお昼寝w)

 

やる方がいらっしゃるかどうか分からないけど、その方のためにもポイントを

 

☆ ) TYPE=MyISAM; を ) ENGINE=MyISAM; に置き換える。

☆ `tstamp` TIMESTAMPや`dtstamp` TIMESTAMPに関連する列を全て削除

(これには勇気がいった。エラーの消し方がどうやっても分からず最終手段。でも上手くいってよかった〜)

 

この二つが一番大きい変換だった。

さて、今度はwordpressと格闘だな。。

 


       

無事終了しました!

25日という日、神戸布引ハーブ園に人はいらしてくださるのか?
そもそも 寒い中 人手もあるのか?
と ほどんとお客様はいらっしゃらないだろう、と出演者みんな思っていた中
始まってみると ほとんど座席が埋まるという大盛況。

びっくりしましたが、良かったです!!

私は この2曲を歌いました。
ヴェルディ作曲 
"イル・トロヴァトーレ"より
『恋はばら色の翼にのって D'amor sulll'ali rosee』
"運命の力"より
『神よ、平安を与えたまえ Pace,mio Dio!』 

リハーサルがぼろぼろだったので、どうしよ・・でしたが、(先生はもっと不安でしたでしょう)、本番は何とか持ち直せたように思います。
しかし、田口先生門下は みんな 上手い!
本当に勉強になります。
今回は 高松グッチの会(田口先生だからグッチ)からも2人いらしてました。

演奏会は無事終了。 しっかし寒いし、凄い風。
帰りもロープウェイは 大揺れでした。こんな中いらしてくださった皆様に感謝です。
打ち上げも楽しく、良い一日でした。



       

今年も岡本商店街さんのチャリティーパーフォーマンスに参加させていただきました。



25日にコンサートがあったので今年は1日だけの参加となり残念でしたが、商店街の皆さんやチャリティーに協力してくださった皆様との出会いは いつもですが、素敵でした!


小さい子供さんが一緒になって歌ってくれたり、かまってくれたり、可愛いなぁ~と思いました。


また、買うものがあってお金が足りるかな~と思いながら、コンビニで買い物を済ませて、わざわざ戻って来て募金してくださった方もいました。感激!




ZAQくんとも 一緒に歌いましたよ~~


ZAQくん ふわふわと踊って人気者でした!!!笑


       

宝塚星組 『オーシャンズ11』

カテゴリ : 
観劇感想
執筆 : 
ケーコ 2011/12/13 0:10

宝塚星組公演は毎回行っていますが、今公演は3度見ました。
3回が3回とも違った形が見えて、とてもよかったです。

映画のオーシャンズ11をご覧になられた方も多いと思いますが、
原作を少し宝塚らしくアレンジをして、とてもよい作品になっています。
小池先生、さすが!と言う声が多いですね。
アレンジするに当たってはハリウッド側と何度も打ち合わせたそうですが、
無理なく違和感なく、そして宝塚星組に合せた脚色となっています。
星組はよい作品に恵まれますねぇ?

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/241/index.shtml

初日映像
http://www.tca-pictures.net/oceans11/02.html


3度も見ると その都度多少の変化があり、
やはり日程が過ぎると作品がこなれてきて 観やすく、まとまりが出てきます。

最初にいった日は、お席もよく、テンションが上がっていたのですが、すぐ斜め後ろに花組・月組のトップさんや組長さんもいらしていて、とても幸せな気持ちで観劇しました。
2回目は少し後ろでしたが、でも真ん中で、全体がよく見わたせて、大きく舞台を見ることができました。
そして今日は 前楽だったのですが、最初の頃聞きにくかった人の歌の歌詞も聞き取りやすくなっていました。

アドリブも色々出ていて面白かったです。
最後のほうにマントを着たまま滑り降りるシーンがあるのですが、
今日はマントが引っかかってしばらく取れなくなり、ちょっと観ているほうもヒヤッとしました。
でも、これが生のよさですよね。

また今日は制服を着た一団が私の後ろの列からいました。
普通修学旅行生などはA席をずら?っと占めるのですが、今回はS席で、少し雰囲気がちがうな・・と思っていました。
でも、後ろから「かっこいい?」「素敵?」 「凄い!」など、感想が聞かれ
うんうん!とほほえましかったです。
終演後、「やっぱり実際に見るときれいだし、迫力あるし、すごいねぇ?」

『イケメンだよねぇ?』

には、〔いやいや、メンじゃないし?〕と思わず心の中で突っ込んでしまいました。

専門学校の課外授業だったようですが、彼らの顔がキラキラしていて、来てよかったね!ってっ声をかけました。


       

結果はしているものの、先ほどまでBSでフィギュアスケートグランプリファイナルの男女シングルのフリーの滑りをみた。
世界屈指の6名の競演という点では男子のフリーの方が見応えがあった。高橋・羽生選手は少しミスはあったものの 流れが途切れず、音楽との一体感が素晴らしかった。

なんでもそうだと思うのだが、最後に感動を残すためには 途中で大丈夫か・・と思わせないことが大事なんだな。一瞬でもそう思わせてしまうと、後の演技(演奏)をハラハラ見守るみたいな体制が出来てしまうから。。。

もちろん実力がないと駄目なのだが、少々のミスをミスと感じさせないその後の挽回の仕方や、ハッタリとも言える演技も大事だ。
もちろんそれをするためには技術がないとすぐばれるんだけどね・・・

さて、私も演奏会に来てくださったお客様を不安にさせないように練習しなきゃ!


       

大好きなミュージカルです。
映画はもう何回観たでしょうか・・・
ジュリー・アンドリュース、もう素敵です。
大好きです!

なので、、
あまりこの作品を見に行くのは躊躇されます。
一度海外からの公演を見ましたが、やっぱり落胆でした。
その時は今は閉館されたフェスティバルホールだったので、ホールの問題もあったとはおもうのですが。

さて、劇団四季版。


http://www.shiki.gr.jp/applause/sound/

子供はかわいいです。
やはり子供に良いところは持っていかれます。
これは仕方ない。
大人の皆さんも悪くはないのです。

が・・・どうして劇団四季は
あの全ての言葉・音をはっきり、滑舌よく言うのでしょうか。
あの意味のない大きな口の『あいうえお』 耳障りでした。
子役まであの不自然さは、逆に興が醒めました。
もっと自然で良いのに?と思ってしまいます。

マンマ・ミーアの時は そこまで気にならなかったのですが・・
作品や配役にもよるのでしょうね。

もちろん個人的見解です。ので四季ファンの方にはすいません。



       

学校クラスコンサート

カテゴリ : 
コンサート・講座
執筆 : 
ケーコ 2011/11/14 22:10

ピティナステップの次の日、ステップでアドバイザーの先生のお一人としていらしていた垣内 敦先生が、ピティナが委託を受けて行っている学校クラスコンサートをされるというので、お手伝いに後藤先生についていきました。
クラスコンサートの最後に5年生は赤とんぼを先生の伴奏で歌う、とのことでしたので、そこを少しお手伝いさせていただいたのです。

垣内先生は、とてもハンサムで〔笑)、桐朋学園卒業後 ライピチヒ音楽学校に留学され、大学院を首席で卒業されたという凄い経歴です。

お話を交えながらバッハ、ベートーベン、モーツァルト、ショパンと素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。
子供たちも あんなに間近で演奏を聴いたことも、ピアノがあんなに大きな、そして素敵な音で鳴ることも初めての経験だったでしょう。
とても真剣に聴いていました。
モーツァルトの「きらきら星変奏曲」はいくつ変奏があるか数えながら聴いてください。という課題つきでみんな一生懸命聴き数えていました。
見にこられたほかの先生方も必死で数えられてました。

案外当たらないものですねぇ?笑
3クラス行ったのですが、だいたい多めに数える子が多かったです。
繰り返しなども数えてしまうのでしょうね。。

最後のショパンの演奏はピアノの周りに集まって聴いてもらうことをされました。
大体の子は 手の動きを見に行くのですが、中にはピアノの中の構造が気になる子もいました。
面白いなぁ?って思いました。

5年生のクラスでは、先生の伴奏に合せて 歌のお姉さん!になった私がまず歌ってから、みんなで歌いました。
全員大きな声で歌ってくれてうれしかったです。

後日送られてきた感想には、私の歌のことも凄い!とか書いてくれていたみたいで、
またまたうれしくなりました。


       

友人が主催しているピティナステップ岸和田秋季地区のお手伝いに行って来ました。
私は司会を担当。
と言ってもピティナステップなるものを聞いてはいたが、実際に見たこともなく、少々不安もありながら出かけた。

出演者や講師の先生方のお名前を間違えるわけにはいきません。
出演者の当日書くコメントを読み上げなければいけません。
一応、進行も考えないといけません。

私を買って司会を頼んでくれた友人の期待にも答えなくてはね!

がんばりました!(つもり・・・笑)
大きなミスもなく終わりました。

しかし、大人から子供まで80名弱の演奏を聴けて楽しかった。
みんながんばってしっかり弾いていて感心しました。
講師の先生方の講評もとても興味深く頷けるものでした。

お昼休みには、主催者企画として『健康コーラス』もさせていただきました。
皆さんしっかり声を出してくださり、よい時間を持つことが出来たと思います。

 

気になったことがひとつ。。。

コンクールお辞儀というのがあるそうなのですが、
コンクールに出るのです、という生徒さんたちが一様に

秘書お辞儀をするのです。
わかりますかしら?
あの片足を少し引いて、脇をはって手を重ねて組む。
 

短大のテストの時にも最近いるのです。
秘書検定とか面接指導でああいうお辞儀を教えるのでしょうか?
企業もコンクールの審査員も あのお辞儀でないと駄目なのでしょうか・・・

というより、テスト会場であのお辞儀をされると
とても違和感があるのですが・・・
それって私だけ?


       

映画 『ステキな金縛り』

カテゴリ : 
映画感想
執筆 : 
ケーコ 2011/10/30 22:30

息子から「映画一緒に行こ?」のお誘い。

はいはい、魂胆は分かっていますよ。
人の懐から映画代を出させようって言うのよね。笑

まぁでも、息子と一緒に映画を観れるのも
後何回あるかわからないし、
私も観たい映画だったから、
水曜日(レディズデー)ではないにも関わらず行ってきました。w

確かに面白かったです。
また、単に面白い??だけで終わらない三谷さんらしさもありました。

が、、なんだか物足りなくもあり・・・

きっと舞台にした方が良かったんじゃないかなぁ?なんて感覚です。
いえ、決して映画はダメというのではないのですけれど・・

三谷映画の豪華俳優人(皆さん上手い!)は十分堪能できました。







公式サイト:http://www.sutekina-eiga.com/

また、11月5日(土)午後9時からフジテレビで
映画と同じ豪華な俳優人、三谷幸喜作・演出・出演で
『ステキな隠し撮り?完全無欠のコンシェルジュ?』があるようですよ?
http://www.fujitv.co.jp/sutekaku/index.html


       

映画 『つれがうつになりまして』

カテゴリ : 
映画感想
執筆 : 
ケーコ 2011/10/22 22:40

映画感想を書くのも久しぶりですね。結構ず?と観てたりするんですが・・汗

題名からインパクトがありますね。
エッセイは読んでいないのですが、観終わって、ぜひ読みたくなりました。

うつ病はこころの風邪。ならば 誰でもかかるんじゃない。
なのにどうしてみんな知らないんだろ・・・

この素朴な疑問、とてもよく分かるな?

夫婦愛として見られがちだと思うけれど、
これが男女逆、または、そんな相手もいない・・となると
やはり人間関係の問題なんですよね。
人をどこまで優しく見つめられるか、そして忍耐強く見続けられるか・・・

でも重くなりがちなテーマを
ポイントは抑えつつ、ある種明るくコミカルに描かれているのは
これでもか・・と見せ付けられるより、かえって考えさされるものが残りますね。

まだの方は是非ごらんくださいね。



公式サイト:http://www.tsureutsu.jp/index.html


       

変身スタジオへ行ってきました?

カテゴリ : 
徒然ひとり言
執筆 : 
ケーコ 2011/7/27 23:40

ここむす(http://www.cocomus.com/index.html)の会報誌編集部の方より変身コーナーに出ていただけないかとのお電話をいただきました。
たいぶ以前会報誌に変身コーナーがあり、気軽な気持ちで応募していたのです。が、その後何もなく忘れていましたのでビックリ!

実は、、この手の写真室はチラシ用に何度か撮りに行っているので私にとっては目新しいものではありません。。。
が、、費用は友人と二人分出していただける!

これは!声楽家としてではない変身ができる!!

う???ん、何にしよう。。。
宝塚のあのメークをしてみたいなぁ??なんて思って
以前献血取材に誘ってもらったシャルレ特約店さんを誘って出かけました。

色々考えて、結局可愛い系・・・(になったかどうかは。。。)

楽しかったですねぇ??
女性はこういうの好きですよね!
あれよ、あれよ、という間にお化粧をして、カツラをつけて、お洋服も出来上がり・・・

友人とお互い「かわいい???!」なんて(これも主観ですからw)ワイワイ・キャアキャア言いながら写真撮影。

数枚の中から2枚選ぶのも大変!
どれも良く撮れています。
さすがプロですねぇ??
友人も私も表情が良いってカメラマンさんやスタイリストさんに言われましたがね・・・ムフフ

さて、、『ぎえぇぇぇl??』って言わないでね。。。笑






 
写真室は『カシャ by オプシス』http://www.opsis.co.jp/shops/casshat.html


       

《クリックするとPDFがダウンロードできます》 


教えに行っている大阪女子短期大学で東日本大震災復興支援のチャリティイベントを開催することになりました。
学校で何か出来ないかと専任の先生に提案したところ、話は早く進み学校側の協力もいただきました。


幼児教育科の先生と有志の生徒が中心となって行います。
第1部は幼児教育らしい楽しく可愛らしいイベントに、
第2部は先生方の得意分野の演奏です。
私は『アメージンググレイス』を歌わせていただきます。


支援物資は『画材』を集めることとし、被災された先生を通じて必要な所に届けていただきます。また当日義援金も集め、放射能測定器購入の費用に当てさせていただきます。


お近くの方はぜひいらしてくださいませ。
お知り合いにもお伝えくださると有り難いです。
画材は新品である必要はありませんが、被災地の子どもたちが気持ちよく使える状態のものをお願いいたします。
持っていけないけれど 家にあるよ~~と思われる方は、私の方に送ってくだされば届けさせていただきます。ご連絡くださいませ。


どうぞ宜しくお願いいたします。


       

5周年を迎えるインターナショナルワークショップフェスティバル「300DOORS(ドアーズ)」http://www.iwf.jp/ 300ぐらいの講座を500円で受講できるイベント。
色々な面白いものがあります。 その中で私が申し込んだのは2つ。
そのうちのひとつ、平松邦夫『話すということ』に行ってきました。

楽しい時間であっという間に過ぎました。
そして最後のほうには会場に一体感も生まれ、面白いなぁと思いました。
私もこの際!とおもい、手を挙げて朗読してきました。 50分くらいからです。
良かったら観てくださいね


       

堺市生涯学習交流サロン主催、フレッシュ学院6月講座として開催しました「健康コーラス」が大盛況で、大変喜んで頂けました。

継続して欲しい!との声が多数あり大変嬉しく思っています。





       

「健康コーラス」歌って楽しく、お口と体のシェイプアップ!

堺市生涯学習交流サロン(ソフィア・堺 3階研修室)において公開講座を行います。

18(土)


開演:午後1時30分


開場:午後1時 終演:午後3時


ソフィア・堺
3階研修室



参加は無料です。
当日、直接お越しくださり参加でも構いませんが、
楽譜等の用意もありますので事前に申し込みをしてくださると助かります。

ご家族・ご友人お誘いあって、多くの方のご参加をお待ちしています。

《連絡先》
ソフィア・堺(堺市教育文化センター)http://sofia-sakai.jp/
 堺市中区深井清水町1426番地
電話番号:072-270-8111
FAX番号:072-270-8112

主催/堺市生涯学習交流サロン
企画運営委員会
電話・FAX (072)270-8174〔火・金午後在席〕


       

twitterボタンをつける

カテゴリ : 
HP制作
執筆 : 
ケーコ 2011/4/29 6:12
現在 新たなサイトを製作中。
久々に一からXOOPSをアップした。
今回はホダ塾ディストリビューションを使用。

こちらデータベースにいれたので、最初に構築する利点はなかったけれど、最近のモジュール等の様子はよくわかった。(はずw)

が、以前したことって忘れてるのよねぇ??
思い出すのに結構時間がかかったり、再度調べなおしたりとなかなか大変。。。

さて、また忘れないように書いておきます。
横にFollow Meボタンをつける方法。
http://www.go2web20.net/twitterFollowBadge/
でcodeをつくり、それをテーマのhtmlに貼ります。
そしてtemplates_cフォルダを空にする。

またここにもあります。
http://twitbtn.com/
http://twitter.com/about/resources

私のサイトにもつけました。→
フォローしてくださいね!笑


       

Twitterからのリツィート情報です。

Google 翻訳で「oh!」を翻訳する。
で、そのとき「!」をひとつづつ増やしていくと6つ目ですごいことがおきる。
なぜだ。 なにがあった?!
http://goo.gl/Nm3T

また別情報
Googleで 「chrome ゴミブラウザ」と検索すると・・・


『Firefox』や『Internet Explorer』でも同じ結果のような気もするのですが。。(笑)

お試しあれ(^m^ )クスッ
       

キューブ シュークリーム

カテゴリ : 
食べ物ネタ
執筆 : 
ケーコ 2011/2/5 23:01
今日息子と心斎橋に行った帰りユニクロに入ると紳士売り場に似つかわしくないお嬢様団体(?!)がポスターをバシバシ携帯で撮っている
なんだ?????
と思ったら、
韓国出身の5人組ダンスボーカルユニットBIGBANGとUTコラボ記念イベントだったらしい…
http://store.uniqlo.com/jp/store/feature/ut/bigbang/
商品はほとんど完売。空のテーブルが並んでいました。
韓流まるっきりわからない私は だれそれ?状態でした・・汗

息子が四角いシュークリーム買いにいこ!というので、なんだそれ?と思いつつ興味津々でなんばCITYに。
パティスリーブラザーズのキューブシュークリームだそうな。
四角い!!!



12種類あった中5種類と美味しそうだったので「生・ブリュレバウム」を買う。
帰って早速キューブを4つに切り分けて食べる。
わりときちんと切ることが出来ましたよ。



(模様はバレンタイン仕様)


(奥左からカスタード・黒胡麻×金時芋・ストロベリー×ヨーグルト・フランボワーズ×ブルーベリー・にんじん×オレンジ)

シュー皮はクッキーシューのような感じ。
クリームはカスタード以外は2種類入っている、なかなかコクがあるけれど重たくはない。
しかしいくら1/4でも5種類食べると結構お腹にグッとくる。
このひとつが370円。う??ん、価格的には妥当がどうか微妙なところ。
だけど食べてみる価値はあるかな。
http://www.patisserie-brothers.com/color/color-cubechou/index.html
今HP見たけれど1/4カットして正解だったんだ(笑)

「生・ブリュレバウム」は少し味見程度に薄く切って食べたのだけれど、
こちらはブリュレもバウムも なかなかしっかりとしたお味。
この1050円は安いかも。

http://www.patisserie-brothers.com/menu/menu04_brothers_f-brulee.html

《オドロキのお菓子を提供する西宮のパティスリーブラザーズ》
http://www.patisserie-brothers.com/
《楽天ショップ》
http://item.rakuten.co.jp/patisserie-brothers/ccy
       

手作りアクセサリー

カテゴリ : 
コンサート・講座
執筆 : 
ケーコ 2011/1/27 7:41
昨年末、無性にアクセサリーが作りたくなった。

子供が小さい頃には髪飾りとかブローチ、洋服もよく自作したものだったが、だんだんこちらも疲れたのか、自分のドレスを作るか、飾りつけを工夫するぐらいになっていた。
最近はミシンを出す事もないな・・・

でも 元々色々考えるの好きだし、
なんてったって、キラキラ大好きだもんね!(笑)

以前からアイデアは色々あったのだけれど、眼も見難くなってるし・・と敬遠していたの
だけど、突然 やろう!!っておもっちゃって、材料を買いに行った。

ネックレスを作るのは初めてだったので、お店にある見本を参考に少し自分でパーツを足して・・
そして お揃いのピアスを!
自作するなら何か揃えないとね・・・

ピアスに関しては一昨年の夏 これもハタと思い立って穴を開けた。
その時から これって自分で出来るよね。。なんて思ったりしてたの。

まずは1作目なので そんな凝った事はしてないけど、自分では気に入ったものが出来ました。

〔全体〕

〔少し拡大〕

〔持ってみるとこんな色〕


ピアスは手持ちのループ型のものに入れて使います。
入れるパーツによって短かくも長くもなりますよ!
  

なかなか良いでしょ(*^m^*) ムフッ

       

無理??むりむり??できないよ??!

カテゴリ : 
音楽ネタ
執筆 : 
ケーコ 2011/1/19 3:10
こういう事をすぐにいう学生が多くなっている。

何にしてもそうだと思うのだけれど、自分でやれることをやっていかないと上達はしないですよね。
何か課題を出すと きちんと見もしないで、第一声がタイトル・・・

楽譜なんていうのは ゆっくりじっくり見たら、音の高さを数えるくらいの事は初めて楽譜を見方を教えてもらった人でもできることなのですよ。。。
それすらしようとしない。。。

教えてくれないとできな???い!なんて のたまう。。。

このタイプに付き合うには こちらにも相当の忍耐が必要となる。
教えてしまうのは簡単。
その方がどちらも楽。

でもそれでは学生さんのためにはならないのよね。
現場に出て 全て教えてくださ??い、なんて甘ったれた事言ってられない。
自分で考える、頭を如何に使うか、集中力と忍耐力、これがないと責任ある仕事は到底出来ないのにな・・・

まして、、、教師が父母を訴えるようにまでなった教育現場。
幼稚園、保育園だって例外ではない。

訴えた事に関しては賛否両論だろうけれど、でも現実問題 いろんな人間が居て 度を越す人が多くなっているのも事実でしょう。

20歳そこそこで そんな現場に出て行く彼女たちに
何とか自分からきちんと動ける人になって 
無理??ではなく、何とかするぞ??と行動して欲しいと思っている。

って、、そういう事をいう子たちだって 良いところ、可愛いところはいっぱいあるのよね!
       

ブログ更新をtwitterに!(xoops,D3blog)

カテゴリ : 
HP制作
執筆 : 
ケーコ 2011/1/18 2:10
twitter再開させるに辺り、ブログ更新を反映させたかった。
既存の有名ブログサイトなら簡単な設定で出来るのでしょうけれど、xoopsで自分で構築している我がサイトではそうはいかない。。
そういうモジュール作ってらっしゃる方はいらっしゃらないかなぁ?と検索したら

ありました!!!!
やはり凄い方はいらっしゃる!
http://www.chushokigyo.net/modules/wfdownloads/singlefile.php?cid=8&lid=40

ダウンロード、インストール、twitter側での操作、モジュール操作

さぁ、出来たかな?

・・・・・・・・・・・・
できません、、、、

少し調べてみました。。
xoops本家も分裂して ImpressCMS なるものも出来てるのね。
そこでの動作確認はされているようだけれど、CUBEでは駄目なのかな。。

いろいろ検索していたらアプリであるのですねぇ?
このブログは有名なブログ屋さんを借りているものではなく、自分ちにあるので、ブログの設定だけで即更新お知らせが行くわけではない。
自分でお知らせしてくれるようなものを見つけないといけないの。

ありました!
『twitterfeed』
http://twitterfeed.com/
有名どころみたいなのでご存知の方も多いのでしょうけれど、twitter初心者には 驚きです、。

これで つぶやきにブログ更新が反映されるかな?
       

twitter再開しました

カテゴリ : 
HP制作
執筆 : 
ケーコ 2011/1/7 2:40
だいぶ以前、アカウントを取って始めていたのだけれど、どうも私には合っていないと止めてしまっていた。
友人が始めた事もあり、再開しました!

何だかびっくり!
色々なことが出来るのね。
前からそうだったのかな。。
それとも色々なアプリが出来たのかな?

まだまだ????状態ですが、皆さんについていけるように頑張ります!

http://twitter.com/musickeiko

フォロー宜しくお願いします。
       

寒い中 立ち止まって聴いてくださった方、募金くださった方、店先を貸してくださったお店の方、そして事務局のみなさん。
ありがとうございました!
今年も気持ちよく参加させていただく事が出来ました。

しっかし、、、寒かったなぁ?????笑

今回はお昼?夕方しか参加できなかったので、皆さん忙しく歩いてらっしゃり、寒さもあってなかなか立ち止まって。。というのは難しかったけれど、でも楽しかったな??
寒い中ご苦労様?なんて募金くださった方も・・・!(笑)

気持ちもさわやかに帰路に付きました。
写真は一緒に回ってくださった学生さんと色々お世話くださった事務局の方です。
ありがとうございました!


       

息子の大学学園祭

カテゴリ : 
徒然ひとり言
執筆 : 
ケーコ 2010/11/7 22:40
息子の大学学園祭に行ってきました。
イベントを仕切るサークルに入って3年。
幹部学年となり、ほとんど毎日午前様か泊り込みの毎日。
授業には出てる、と言ってますが・・
でも良く頑張って 色々な交渉事をまとめていってるなぁと感心もしながら見ていました。
息子が関わる最後の学園祭ですからね・・・
やはり出かけるでしょ(笑)

動画は学園祭最後に行われる名物花火です。
縦横が反対になっていますので、顔を傾けてご覧くださいませ。(汗・笑)

       

観てきましたぁ??
とても良かったですよ
今回 涼 紫央さん ほとんど出ずっぱり
中央に居ても すごく華を感じました。
いつも以上にかっこよくてドキドキでした!







あららららぁ、違反により動画削除されてしまいましたね
それはそうですよね。。宝塚の練習風景がUPされているなんて 宝塚が許しはしませんよね。

なので画像を少し・・・


ミュージカル・プレイ 『激情』―ホセとカルメン―
メリメの「カルメン」をモチーフに、ドン・ホセの波乱に満ちた生き様を、スペインを舞台に華麗に描き上げたミュージカルで、原作者プロスペール・メリメを登場させるなど、意欲的な試みの「カルメン」として好評を博した作品です。1999年、姿月あさと、花總まり、和央ようか、他、宙組により上演されました。今回は、全国ツアーバージョンとして、新たな演出を盛り込みながらお届けします。

グラン・ファンタジー『BOLERO』―ある愛―
ボレロは、四分の三拍子のスペインの舞曲で、日本人にとても好まれる曲想です。そんなボレロの持つ甘さ、神秘性、迫力、情熱に乗せて、一組の男女の愛が幻想的に描かれるショー作品。ボレロの他にも多様な音楽を使用し、クラシックな美術を基調にした格調のある場面、荒々しいアフリカの原始的イメージを表現した場面など、多彩な魅力が明るく激しく美しく展開します。


涼さんは今回 原作小説家メリメと、カルメンの夫ガルシアの二役を演じています。
とても難しい舞台回しメリメと超悪役ガルシア。
ガルシアに早変わりした事 すぐには分からないほどの変身振りでした!
       

衣装を買いに??

カテゴリ : 
コンサート・講座
執筆 : 
ケーコ 2010/5/15 22:30
カリテス3人一緒に衣装を買いに行きました。

やっぱり女の子
服を買いにいく!というだけでテンション上がります(笑)

ここで 何処へ行ったとか、何を参考にしたとか書くと
ネタばれになっちゃうので・・

それはコンサート当日まで(*^O^*)ヒ(*^-^*)ミ(*^・^v)ツ

お店でワイワイ・ガヤガヤ 3人でとっかえひっかえ着せ替え人形。

良い買い物ができました?とだけ報告しておきますね
コンサート、お楽しみにぃ??(*^m^*) ムフッ


       

東京美術鑑賞第2弾
南青山にある根津美術館に行ってきました。


   http://www.nezu-muse.or.jp/

表参道からすぐなのに 素晴らしいお庭のある趣深い美術館です。
目玉は やはり『燕子花』


左隻


右隻

  燕子花図(かきつばたず)
  尾形光琳(おがたこうりん)筆
  江戸時代 18世紀
  紙本金地着色 6曲1双 (各)縦150.9cm 横338.8cm

総金地の六曲一双屏風に、濃淡の群青と緑青によって鮮烈に描きだされた燕子花の群生。その背後には『伊勢物語』第9段の東下り、燕子花の名所・八つ橋で詠じられた和歌がある。左右隻の対照も計算しつつ、リズミカルに配置された燕子花は、一部に型紙が反復して利用されるなど、一見、意匠性が際立つが、顔料の特性をいかした花弁のふっくらとした表現もみごとである。筆者の尾形光琳(1658〜1716)は京都の高級呉服商に生まれ、俵屋宗達に私淑した。本作品は、江戸時代のみならず、日本の絵画史全体を代表する作品といって過言ではない。
(根津美術館HPより)

他にも素晴らしい屏風が!その例を



  桜下蹴鞠図(おうかけまりず)
  桃山時代 17世紀
  紙本金地着色 6曲1双 (各)縦158.8cm 横356.8cm
  近世初期に活躍した俵屋宗達、その工房で制作されたと考えられる



  夏秋渓流図(なつあきけいりゅうず)
  鈴木其一(すずききいつ)筆
  江戸時代 19世紀
  紙本金地着色 6曲1双 (各)縦165.8cm 横363.2cm

その他、仏教彫刻の魅力・古代中国の青銅器・花文様の器・燕子花図屏風の茶と銘打った併設展示も見事でした。
特に青銅器。
中国殷時代、紀元前13?12世紀によくもまぁこんな素晴らしいものが!と驚嘆しました。

お庭も散策。








燕子花はまだ咲いていませんでしたが、とても素晴らしいお庭でした。


       

30年ぶりの再会

カテゴリ : 
徒然ひとり言
執筆 : 
ケーコ 2010/4/24 23:50
今回の上京。
数年前に立ち上げた同窓生メーリングリストに流し、
会える人は居ないかなぁと聞いてみた。

中学高校の同級生。
6年間3クラスという恵まれた環境で、顔を知らない人はいない間柄。
同じクラスにならなかった人が数名しかいない。
普通なら考えられない状況。
だから皆凄く仲がいい。
特にこの学年の結束力は強く 2年ごとに同窓会をしているほど。

が、、はやり関西以外から参加される方は少ない。
でも関東組さんは 関東組さん同士よく集まっているようです。
MLも時々お役に立っているみたいだし、嬉しく思っていました。

今回私に少し時間にも余裕があるので その時に会えないかなぁって思ったのです。
早速東京組さんで連絡を取ってくれた。
言い出したの遅かったの2?3名集まってくれるかな、
と思っていたら8名の友人と会うことが出来た。
表参道にある雰囲気の良い 美味しくてリーズナブルなお店を予約してくれた。
私は娘も連れて凄く楽しみに出かけた。

数年前同窓会で会った人もいるけれど、ほとんどが卒業以来初めて??

まずは卒業後の軌跡紹介から。
でも これだけで話が盛り上がる上がる!
さっすが我が母校。
みんな しっかり人生を前向きに向上心を持ち それを自分の見える形にして生活している。

すっごいなぁ??
みんなと同級生でよかったなぁ
ホント会えて嬉しかった!
沢山のパワーをもらえた。
私も もっともっと出来る事があるよ!と背中を押された。

がんばろ!

で、、みんなが一様に言った事。

お嬢さん、ケーコさんの若い頃と仕草までそっくり???!!(笑)

娘はそれを嫌がらずにニコニコと聞いてる。
母を一応は認めてくれてる。
それも嬉しいひと時でした。

声をかけてくれたり、お店を探してくれたり、忙しい中来てくれた皆?
ありがと??
°・:,。★?(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°
       

ボストン美術館展

カテゴリ : 
美術鑑賞
執筆 : 
ケーコ 2010/4/23 0:20
22日?25日まで東京に行ってきました。
23日(金)少し時間に余裕があったので、『ボストン美術館展』に行きました。


《展覧会オフィシャルWENサイト》
http://www.asahi.com/boston/
http://m.asahi.com/go/boston (携帯サイト)

《六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー》
http://www.roppongihills.com/art/events/2009/12/macg_boston.html


エル・グレコ、ベラスケス、ヴァン・ダイク、レンブラント、コンスタブル、コロー、ミレー、マネ、モネ、ドガ、セザンヌ、ルノワール、ゴッホ、ピカソ、マティスと、西洋絵画の巨匠たちの名前が並んでおり見応え十分でした。
が、少々疲れました・・(笑)
この後 京都市立美術館にまわるそうです。
私見ですが、京都で今まで見た展示より絵画が近く感じました。
照明も描かれた当時や飾られていたであろう場所に合わせた感があり、またきっと絵画の強度(っていうのかな?)にも配慮していると思われました。
印象派になり会場が明るくなったのはとても良かったと思います。
私は観賞の際、近くと そして少し離れて見る事にしているのですが、
そこそこの人が居たにもかかわらず、遠くから見回せたのは良かったです。
数ある名画の中から 私のお気に入りは次の2点です。
フェッティの作品は絵葉書にもなってなかったので 目玉ではないのしょうが、とても素敵で惹き寄せられました。


悔悛する聖マグダラのマリア 1615
Saint Mary Magdalene Penitent
ドメニコ・フェッティ Domenico Feti (1589-1623.Italian)


エラニーの冬 朝、日光の効果 1895
(Matin, effet de soleil, hiver à Eragny)
82.3×61.5cm | 油彩・画布 |
カミーユ・ピサロ Camille Pissarro (1830-1903 フランス)


       


http://kageki.hankyu.co.jp/the_scarlet_pimpernel/

2008年夏、星組 安蘭けい、柚希礼音、遠野あすかで初演され よく出来た作品、そして舞台だった。
その再演。 
霧矢大夢(きりや・ひろむ)、蒼乃夕妃(あおの・ゆき)の月組新トップコンビ披露公演となりました。

星組の舞台がとても良かっただけに(歌・演技双方文句ない安蘭さん主演で 柚希さんのこの作品での歌唱力UPに驚いたものです)月組さんはどうかな・・・
と少し不安に思って出かけました。







 

まだ始まったばかりだという事もあると思いますが、やはり星組さんと比べると・・・
でも もっとがっかりするかなと思っていたけれど、楽しめました。
やはりこの作品は良いです。

いつも公演が始まってすぐぐらいに行くと、ミキサーさんの調整が合ってないな・・と感じます。
ずっと公演があるとはいえ、はやり微調整には時間がかかるのでしょうね。

星組さんの時のサイトトップ
http://kageki.hankyu.co.jp/scarlet_pimpernel/top1.html
やっぱり安蘭さんは かっこいい!!


       

兵庫県立西宮芸術文化センターの人気のワンコイン・コンサートに 大岡仁君が出演するという事で 喜び勇んで母と行ってきました。



彼は音楽大同級生の息子さんで小さい時から知っていて、何度も演奏を聴かせてもらっています。
本当に自然で、大らかで、ノーブルで、そして力強い演奏をする良い演奏家です。
ワンコインコンサートに出演を依頼されるなんて 凄いですよねぇ?

《プログラム》
クライスラー:前奏曲とアレグロ
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第6番
チャイコフスキー:メロディ
モンティ:チャルダッシュ
マスネ:タイスの瞑想曲
ラヴェル:ツィガーヌ
 アンコール
ガーシュイン:It Ain't Necessarily So

プログラム構成もよく、曲間の彼のお喋りも人柄がにじみ出ていて
その人柄でも あの大きな会場を一つとしていた事にも彼の成長を感じました。
何度も聴いた曲も多かったのですが、驚いた事に音の幅がすっごく広がっていて その世界がどんどん拡大していました。
大学で そして留学をするという事で 着実に彼の中に多くの引き出しが増えたのだと思います。
また ステージでの彼は堂々として 演奏家としての自信も溢れていました。
小さい体から どこにあのパワーが!と最初の頃は驚いたものですが、今回は出てきた時から 風格がありました。

昨年秋からドイツで勉強している彼
今度は またどんな違った彼を聴かせてくれるか楽しみです!
       

いっぱい練習 & 最後の桜

カテゴリ : 
コンサート・講座
執筆 : 
ケーコ 2010/4/8 23:40
ユニット名も決まり、今日はピアニストさん宅での練習。

みっちり しっかり練習しました。
大分固まってきましたよ。。

が、、、、疲れましたわ。
終わった後 ちょっとボ????っとしてしまいました。
酸欠か??! (*^m^*) ムフッ

遅いランチを 美味しくいただいて

夙川の桜 お花見に??
女4人で 川沿いをぶらぶら散策しました。

私 今年初めての本格的お花見でした。
ちらほらと葉っぱも出ていましたから、今日が最後でしょう。
桜 やっぱりいいですねぇ??

夙川の桜 さいこ??(笑)!






















       

映画 『NINE』

カテゴリ : 
映画感想
執筆 : 
ケーコ 2010/4/6 22:20


『シカゴ』のロブ・マーシャル監督がメガホンを取り、
『イングリッシュ・ペイシェント』のアンソニー・ミンゲラ監督が脚本を手掛け、
トニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルをオールスター・キャストで映画化。
主人公に『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のダニエル・デイ=ルイス、
彼を取り巻く女たちにマリオン・コティヤールやニコール・キッドマンらアカデミー賞受賞者がきらびやかに華を添える。
ゴージャスなステージで繰り広げられるエモーショナルな歌とダンスに注目。
配給: 松竹、角川エンタテインメント
オフィシャルサイトhttp://nine-9.jp/

という事なのですが、、、

久々に 時間がもったいなかったな。。。と思った映画でした。
それも ミュージカルで!

う???ん、、ストーリィーが、、
イタリアのもてる男(私のタイプではないw)のお話。
って、結構マザコン。
娘に話したら イタリア男って口は甘い事を言うけど ほとんどマザコンだ、と断言しておりました。(真偽の程はわかりませんので念のため)

でも砂巻上げダンスシーンは良かったわ。


       

 

大阪天保山にあるサントリーミュージアムに行ってきました。

 

http://news.walkerplus.com/2010/0107/15/

 

玄関を入ると壁一面に!

 

 

《最後のマンガ展 公式サイト》 http://www.flow-er.co.jp/

《井上雄彦さんのサイト》 http://www.itplanning.co.jp/index.html

 

『スラムダンク』や『バカボンド』を読んではいないのですが、 すごい迫力の原画展だと聞き行ってみることにしました。

人気も高く 予約件は完売。当日券も時間帯ごとに枚数が決まっているもよう。 何とか1時間待ちぐらい後の時間の当日券をゲットできました。 よかったぁ~!その時間に行っても入るまでに数十分かかりました。 でもその間 描かれる手元のビデオが流されており、その迫力・技術の高さに目を見張りました。

いよいよ中に! 素晴らしいです。 全て墨、筆。 従来の墨絵に なんだろ・・ 劇画的な構図も入れて、その絵の才能と多彩な筆遣いで 圧倒されました。 上手い! の一言です。

レイアウトにも凝られてあり、その雰囲気を伝えていました。 よいものを見せていただきました。


       

ハプスブルグ展&春桃会

カテゴリ : 
美術鑑賞
執筆 : 
ケーコ 2010/3/3 23:50
お雛祭りに京都国立博物館に『ハプスブルグ展』を観に行ってきました。
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/100106/index.html


アンドレアス・メラー
《11歳の女帝マリア・テレジア》


フランツ・クサファー・ヴィンターハルター
《オーストリア皇妃エリザベート》

これらが目玉ですが、その他の作品も良かったです。

でも 最初に展示されていたこの作品も素晴らしかった!


風俗・物語・花鳥図画帖のうち 豊原国周
《駕籠かきと美人》


【作品紹介】
皇帝フランツ・ヨーゼフ1世からの国書と贈物の返礼に、明治天皇から贈った品々のうち、ウィーンに現存する画帖(日本の風景や暮らしを描いた100図)と2基の蒔絵棚が、日本に初めて里帰りします。とくに画帖は美術史美術館でも公開されたことがなく、世界初公開になります。

この画帖が素晴らしかったです。
花鳥図は日本画で、風俗等は浮世絵で描かれていました。
写真がこの1枚しかないのが残念。
素晴らしい色合い・構図でしたよ。

すぐお隣のホテルでランチをしていたら、お店の方が、今日はの三十三間堂は桃の節句で無料ですよ、との事!
下調べをしてこの日に行った訳ではなかったのですが なんとラッキーy(^ー^)y
春桃会(もものほうえ)でした。
中に入ると 黒山の人だかり


誰だかわかりますか?

瀬戸内寂聴さんです。
http://sanjusangendo.jp/o_1.html
丁度お説法の終わり頃だったのですが、しっかりと立たれて大勢の方々を笑わせながらお話をされていました。
参拝する為に中に入ると 帰られる寂聴さんが真横を通られました。

さて、観賞の間中も新ユニットの名前を決めないと・・・と言うのが気になります。

西洋宗教画の題材には 色々な人物が登場します。
昨日は『ユディット(Judith)』という女性を描いた作品が2点ありました。
聖書の外伝にある物語に登場する勇敢な美女らしく、軍を率いて侵攻する将軍ホロフェルネスに近づき、酔いつぶれたところをユディトが斬首、自身の住むベツリアの街(ヘブライ語で神の家を意味する)を救う。のだそうです。
実は私たち3人 一応ミッション系の学校出身なのです。
聖書の中の物語から・・というのもいいなぁと思いました。

ギリシャ神話も色々な女神様が出てきます。
神話からもいいよねぇ?

そのご三十三間堂に行きますと。。。
仏教・ヒンデゥ教にも 多くの女神様がいらっしゃいます。

サンスクリット語で その日のお言葉が書いてありました。
『オン マサラ ダルマ キリ ソクカ』
(意味をわすれた・・・汗)
そういう感じもいいかも・・・

一緒に行った友人からはアーサー王物語から 魔法使いマーリンの話を聞き、良く知られている話の登場人物もいいかも・・
なんて、、結局気が多いだけで知識が無いので浮かばない。。

何か 美女三人声楽家ユニットの良い名前はないかしら・・・
       

フィギュアスケート三昧の2週間

カテゴリ : 
ダンス
執筆 : 
ケーコ 2010/2/28 23:30
バンクーバーオリンピックも もうすぐ閉幕ですね。

色々話題になっていた競技 一通りは観ていたけれど、
何と言っても私の興味は『フィギュアスケート』

オリンピックはNHKさんが全種目・全選手放送してくれるので
とても有難いが、9時?14時くらいまでTVに釘付けの日が続きます。。汗
(アイスダンスオリジナルダンスだけは放送時間が違ったかな)

15日(現地14日)ペアに始まり、28日(現地27日)エキシビションまで、ほとんど予定を入れず、代えれるものは日程を代え、金曜日のコーラス指導も運良くお休みとなり、万全の体制!(笑)

しっかしですね、、、
これだけ観ると飽きてもきますねぇ(笑)
何たって全選手ですから 色んな方がいるわけで。。
しんどくもなります。。
単独のスケートは やはり飽きるのが早いです。
ペアやアイスダンス、カップルでの滑りは技にも色々なスタイル・形があるので違ったものを違ってる、と凄く認識させられるわけです。

が、単独の男子ソロ・女子ソロになると ほとんどすることは同じなわけです。
もちろん 技術の差は歴然と演技に表れますよ。
でも、している事は ジャンプとスピンとステップ、難易度の差はあれ、大きな形の違いはないのですよ。。

フィギュアスケートとしては 私はペアやアイスダンスが好きだな、と再確認してしまいました。

結果(採点)に関しては 色々と言われておりますが、でも順当だったと思います。
世界の時流を読み、それに照準を合わせたのも その選手・コーチ・チームの裁量ですからね。
それが当たるかどうかなんて それこそその時になってみないと分からないのです。

しかし、、やるべき事をやった!人というのは 凄いな、って思います。
歓ぶ事は 素直に歓べるし、悔しい事は 本当に悔しがれるのですものね。

真央ちゃんの今季プログラム、最初からすごいな、良くやるな、と思っていました。詰め込みすぎだとか色々と当初から批判はあったけど、あのプログラムをやりきってきた事は彼女にとって絶対身になってこれからの財産になるはずですよね。

ミキティも 私のご贔屓鈴木のあっこちゃんも 男子の3人も 良かったですよね。
3月22日からの世界選手権も頑張って欲しいです。
(女子は鈴木さんではなく、中野さんが出場します)

しっかし、プロから戻ってきたペア申 雪・趙 宏博組(中国)、男子のプルシェンコ(ロシア)は 貫禄というかオーラの出方が違いましたね。
再度競技に戻るという選択、大変だったと思います。
双方とも ショートの滑走順が1番でした。
ランキングが無いから後半の組には入れなかったのです。
最初から見逃せないぞ!という、普通在りえない状況で放送を見ました。
そして 双方ともその日の第1位。

ベテランとしてのプレッシャーもあったでしょうにね。
継続は力なり!を見た想いもします。

が、、プルちゃんといえば どうしてもこれが。。。(笑)

《プルシェンコ2001WorldEXアンコール付き 》

http://www.youtube.com/watch?v=9jgInqv4pgE

当時18歳 最高のEXプログラムだと思います。
その後も どれだけジャンプ飛ぶんだ??ってくらい軽がるです
       

【劇団四季】 ウィキッド

カテゴリ : 
観劇感想
執筆 : 
ケーコ 2010/2/13 22:50

《劇団四季ウィキッドサイト》
http://www.shiki.gr.jp/applause/wicked/



大阪公演 舞台裏
http://www.youtube.com/watch?v=k8Hk810c5bw&NR=1

《Defying Gravity Tony Awards》(ブロードウェイオリジナルキャスト)
http://www.youtube.com/watch?v=3g4ekwTd6Ig

友人が なんと!
最前列ど真ん中のチケットを取ってくれました。
私たちだけのために公演をしてくれているような、素晴らしい気分を味わって帰ってきました。
ラブシーンも目の前・・・
(*/∇?*) キャ
(・_|チラ
|( ・_・) ジト?
(*・・*) ポッ

映画『オズの魔法使い』をご覧になってから行かれる事を ぜひお勧めします。
なるほどねぇ??というストーリィー展開が良く分かると思います。

しっかし、、上手かった!迫力??!
良い舞台を堪能しました。


       

映画 『アバター』 IMAX

カテゴリ : 
映画感想
執筆 : 
ケーコ 2010/2/9 0:10
IMAXシアターにて『アバター』を観て来ました。


《オフィシャルHP》
http://movies.foxjapan.com/avatar/
《オフィシャルYouTube》
http://www.youtube.com/user/officialavatar









とても良かったです!!
3D IMAX すっごく綺麗でした。
やっぱりIMAXシアターに行って良かったです。

飛び出る3Dはもう古いのですね。
奥行き感のある自然な映像でした。
キャッチコピーではないけれど、その場に本当に居るようでした。
2時間50分、そんなにあったとは感じさせません。
中だるみもなく 最後まで見入ってしまいました。
映像の綺麗さに寄るところも大きいと思います。

もしお近くにIMAXシアターがお在りでしたら是非そちらに!
でなくても良い映画でしたので ご覧になることをお勧めします。

気分悪くなったりはしませんでしたよ。
ただIMAX画面が大きいので 座席位置は後方中央が良いとは思います。

そうそう色々な形式での上映方法があるようなので どう違うのかな?と検索してみましたら

なんと、4方式全部見比べた方のブログがありました。

『アバター』3D全方式完全制覇レビュー [日記]
http://itsa.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15

経験されただけに、良く分かりますよ。
       

星組公演
『ハプスブルクの宝剣 ?魂に宿る光?』
『BOLERO』?ある愛?

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/153/index.shtml

昨日が宝塚星組千秋楽でした。
今公演は2回観に行きました??(笑)
柚木さんトップになっての2作品目ですが、前トップの安蘭けいさんが経歴も長く、全てに秀でた方で組を引っ張っていた安定感に比べると、今は全員が頑張るぞ??!皆で盛り上げよう!というまとまり方をしていて それはそれで気持ちよかったです。

私の好きな 涼 紫央(すずみ しお)さん
やっぱりかっこよくて 綺麗でした!


http://www.daily.co.jp/gossip/takara/photo/p6_0002618385.shtml


http://www.daily.co.jp/gossip/takara/photo/p11_0002616068.shtml


http://www.daily.co.jp/gossip/takara/photo/p11_0002633144.shtml





可愛い女役 というか 可愛いライオン役もあったりして!
http://www.daily.co.jp/gossip/takara/photo/p14_0002616068.shtml


 柚木さんの後ろにいるのが涼さん
やっぱり宝塚の黒燕尾は素敵だ!
http://www.daily.co.jp/gossip/takara/photo/p12_0002633123.shtml


ところで ボレロというからには ラベルのボレロ・ベジャール振付が出てくるだろうな、と思っていたら やっぱりでした。
踊りの上手い柚木さんが居るのだのも当然だわね。
もちろん宝塚に合うような振付・音楽にはなっていましたが、ベジャールの振付からだな?というものが散りばめられてました。

  



そこで 本家本元を!
ボレロ(振付モーリス・ベジャール) ジョルジュ・ドン(途中飛ばしてます、残念)


http://www.youtube.com/watch?v=Lnut9tB78BE

完全版 女性は凄いのに色っぽい!
ボレロ  エリザベット・ロスとオクタヴィオ・スタンリーpart 1


http://www.youtube.com/watch?v=gh_9leIFl7Y

ボレロ  エリザベット・ロスとオクタヴィオ・スタンリーpart 2


http://www.youtube.com/watch?v=UnSh-KPV7QQ

定かではないのですが、私がラベルのボレロを知ったのは、ドンの踊りを見てだったと思うのです。
踊りにも惹きこまれましたが、その音楽にも大きな衝撃を受けました。
ずっと耳について離れなかったですね。
もちろん舞台を観たわけではないので 多分TVだったのでしょう。
いつ頃だったのかなぁ??
しかし、、今観ても凄いです、踊りも音楽も。

さて千秋楽だったので最後にご挨拶がありました。
今回で退団される方が5名いらっしゃり、組長さんが各メッセージを読まれ、袴に着替えた5人がそれぞれご挨拶されました。
しんみりの中にも宝塚が好き、宝塚ばんざい!の気持ちが伝わり 良い最後だったです。
       





    《公式サイト》
  
  http://www.nodame-movie.jp/

    《公式ブログ》
 http://blog.fujitv.co.jp/nodame/





予告編特報?

http://www.youtube.com/watch?v=ew__0VdqklI

「のだめカンタービレ最終楽章」ロケ地マップDVD予告

   (って私はDVD買ってないんですけど・・(笑))
http://www.youtube.com/watch?v=0Ln9Rlom8y4


お正月休みで帰宅した娘と一緒に観て来ました!



のだめファン待望の作品ですからねぇ??
テンション上がりました!
映画としての出来も良かったと思います。
大画面から流れるオケの音はやはりイイ!

それとのだめが弾くモーツァルト「ピアノソナタ11番トルコ行進曲付き」
ホントに素敵な演奏だったのです。
劇中と同じく音の粒がキラキラ輝いてました。
なんと!世界的ピアニスト ラン・ランさんの演奏だったのですね。
http://www.universal-music.co.jp/classics/artist/langlang/langlang.html
http://www.langlang.com/

あの演奏を聴いて娘も帰宅後 弾いていましたからね。(笑)
それだけインスパイアーされる演奏でした。
もちろん、娘は「あんな風には弾けないねぇ? でもトルコ行進曲を弾く子がグッと増えるだろうね」と言ってました。
そうだろうな。。って思います。
ピアノをそこそこ続けている子は 大概この曲を弾いていると思うのですが、きっと『こんな素敵な曲だったのね!』って思うでしょうね。

オーケストラ、まぁ誇張されているのでしょうけれど、あそこまで酷いボレロを初めて聴いたかな(笑)
それはそれで 面白かったですね。
だからこそ 最後の演奏会が際立つ。
バッハのコンチェルトも素晴らしかった!

さて、早く後編が観たいぞ?????


劇場で売っていた のだめ特製飲み物入れ
しっかり買ってしまいました(笑)
       

声楽レッスン

カテゴリ : 
音楽ネタ
執筆 : 
ケーコ 2009/12/24 20:40
もう一つ 今年8月から新しい声楽の先生についた。
この先生 オペラ界の大御所で 素晴らしいテノールです。
レッスン時の先生の声に圧倒されてしまいます。

先生の名は 田口興輔先生
60代後半の演奏です、凄いですよね。







私はオペラの歌い方というものをきちんと習っていない。
という事がよく分かりました。
まだ数回のレッスンなのですが、先生の仰る事がなかなか理解できないのです。
今回の課題は『Una voce poco fa』
今までドラマティックソプラノがレパートリーの私が コケティッシュな女の子の歌う コロコロと回る歌を課題にもらう事自体、私にとっては不安。。不安。。

先日のレッスン、泣きそうになりました。
私の練習不足もあるのですが、ロッシーニの歌い方と仰るものがまるっきり理解できないので どのように身体を使って良いのか分からないのです。
先生の声は確実に違います。
どのようにしたら・・・先生は教えてくださるのですが、今まで私の中になかった事柄が多く すぐに把握できません。

この曲で貴女は確実に変わる、その良い声が もっと使えるようになえる
と仰ってはくださったのですが・・
でも、、今は田口先生に着いていこう!と思っています。
少しずつでも 自分の身体がもっと分かり、使えるようにしたいです。

声楽も ダンスも 人間の身体って本当に良く出来ているのだなと実感させられる事ばかりです。
この年齢になっても 気付かない事、知らない事 沢山あって
面白いといえば面白いですね。

来年、少しでも飛躍できるように頑張ります!p(*^-^*)qファイトッ♪
       

書くのが遅くなりましたが、 23日・24日 岡本商店街で歌を歌ってきました。
路上・店中でパーフォマンスをして募金を集めるのです。
集まった募金は商店街事務局さんから「くすのき基金」さんに贈られるます。

23日は午後4時間、レーコちゃんと一緒に。
24日は夕方から4時間 一人で行いました。

この写真はご一緒した小学6年生ブルースギターリスト君のお母様が撮ってくださいました。








両日で計1万5千円程の募金をいただきました。
本当に有難い事です。

結構忙しく、協力してくださるお店を回りましたので疲れましたが、
楽しく嬉しい事も沢山ありました。
クリスマス前の忙しい中 足を止めて聞いてくださった事に
本当に感謝します。

去年も書いてもらった似顔絵のオッチーさんの作品。
特徴掴むのがうまいですよねぇ??



事務局の宇宙さん、本当にご苦労様でした。
来年の企画 楽しみにしてますねぇ??!
       

昨年に引き続き、岡本商店街 街角チャリティーパフォーマンスに出演します。
《昨年の様子》

12/23(水)
♪ソプラノの浅田令子さんと二人でクリスマスキャロル等歌わせていただきます。
彼女と同級生のアルト岡本明美さんと3人で来年6月17日(木)兵庫県立芸術文化センター神戸女学院ホールでデビューコンサートを予定しています。
グループ名もまだ決まってないのですけれどね(^◇^ ;)

13:00?
二楽園(外)お花屋さん
14:00?
フロイン堂(外)パン屋さん
15:00?
ブラッツ(中)ホットドッグ屋さん
16:00?
ディアプリンセス(外)服屋さん

12/24(木)
♪この日は 一人で頑張ります!

16:00?
ラ・ピアンタ(外)服屋さん
17:00?
ハンドインハンド(中・外)雑貨屋さん
18:00?
BBショップ(外)おもちゃ屋さん
19:00?
灘寿司(中)お寿司屋さん

≪ 岡本商店街WEBサイト≫

大体の予定ですので、必ずそこにいるかどうかは分かりませんが、岡本のお近くにお住まいの方、ぜひいらしてくださいね。
また、お知り合いとかいらっしゃいましたらお声賭けをよろしくお願いいたします。
できれば その場を盛り上げてくださると嬉しいです!
集まったチャリティー収益金は、くすのき基金に寄付させていただきますので ご協力よろしくお願いします。
少しでも募金が集まるよう頑張ります!
皆さんも 良いクリスマスを!

 
       

社交ダンス クリスマスパーティ

カテゴリ : 
ダンス
執筆 : 
ケーコ 2009/12/20 23:30
今まで日記にほとんど登場していないけれど、
私は去年末、今年と 始めたものが2つある。

去年10月から社交ダンスの個人レッスンに通いだした。
その年の12月はコンサートの為お休みしたが、それ以外は月に2回レッスンが続いている。

理論的にきちんと説明してくださる先生なのでとてもよく分かるし、
スポーツにしろ、音楽にしろ、ダンスにしろ
基本的なことは同じなのだと
分かれば分かるほど その共通点に驚く。

先日ダンス教室のクリスマスパーティがあったのでその模様を。
プロの先生方の写真撮影は出来なかったので、
写っている皆さんは競技会に出られているアマチュアの方々です。
その方々も上手だったのに、先生方の踊りは もう例えようもないほど素敵でした。
お見せできないのが残念です。





私の先生 YMダンス教室の森田幸典・郁代先生



先生 これからもよろしくお願いいたします!

《追記》
このパーティ後のレッスンで先生方のデモンストレーションの事について少しお話を伺った。
先生はそのコンセプトを考えられたのだそうだが、スローフォックストロットを有り得ないぐらい速く、ワルツを有り得ないぐらい遅く わざとプログラムされたそう。。
私、、ワルツは遅いな。。とは思ったけど、そういうのも在りなのだぐらいに思っていた。。

「他の教室の先生方にも こういうプログラムが組めるのはYMだからですね。と言われるのですよ、」と教えてくださった。
3組の先生方が仲が良く、そしてレベルが高いからこそ出来ることなのだそうです。

知らない、というのは 恐ろしいですねぇ?
色々なところが見えてくるように はやくなりたいな。。
       

京都嵐山 花灯路

カテゴリ : 
徒然ひとり言
執筆 : 
ケーコ 2009/12/15 23:40
嵐山の花灯路に行って来ました。

東山の花灯路には何度か行った事があったのですが、嵐山での花灯路は初めてです。

サイトの写真とても素敵なので、期待大!で行きました。
http://www.hanatouro.jp/arashiyama/index.html

点灯の少し前に着き、まずはバスに乗って大覚寺に。

ここがすっごく綺麗でしたね。
大覚寺さんが広くて、どの建物も素敵で、その上ライトアップ!









そこから無料リムジンタクシーに乗り、二尊院へ
ここから竹林、私の大好きな大河内山荘、渡月橋に戻るコースを歩きました。







途中雨に降られたりもしましたが、平日だったからか思ったほどの人手でもなく幻想的な風景を堪能できました。

今週末までです。
寒いですから暖かくしてぜひ行ってみてくださいね!
       

 カレンダー
Last MonthNov 2017Next Month
SuMoTuWeThFrSa
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
news news  
blog blog  
concert concert  
 ケーコの居るところ